FC2ブログ

    オナニー4

    2006/12/10
    第3夜の2
    ひとまず指を抜いて人差し指も添えて入れてみる。
    入れるというより吸い込まれちゃう感じ。
    左手で胸を揉みながら指先で乳首を挟み込む。
    そして腰を動かす。
    ああ、気持ちいい!
    どうにかなっちゃいそう。
    あの人とのセックスにはほど遠いけれど。
    でも不思議だけど間違いなくあの人の感触がここにある。
    そして決して孤独でもない。
    終わった後、そっと抱きしめてくれる人はいないけれど、
    それでも、ちょっぴり満足。

    今度会ったら、もっともっと大切に時間を過ごそうと思った。
    もっと、もっとカラダに触れておこう。
    二人だけのときはずーっと離れない。
    こんなことができるようになったことはまだ話をしてはいないんだけど。
    “ひとりH”なんていいながら私は一人じゃなかった。

    以前にあの人に「麻子のことを想像しながら自分でやっているよ」と言われたとき、
    正直いってそういうものに使って欲しくないって思った。
    道具みたいな気がして。
    どうして男の人ってそういう風に使うのなんて思っていた。

    でも、いまは違う。男のひとが少し解かる。あの人のことが。
    だから私とのことを想像してやってね。
    これからも私だけを想像してほしいって心から思う。
    どんなに激しい想像でもいいから。

    すごい充実感。ぐっすり眠れて疲れもとれて最高の気分で朝を迎えた。
    今のところあの人しか想像できないんだけど、そのうち慣れてきたら?
    他の人を想像しながらなんて思っています。
    この辺のことは内緒ですけど。
    beauty1
    美しさはすばらしいですね。あの人はこのような写真だけでなく、いろんな種類の写真送ってくれた。
    スポンサーサイト
    [PR]

    comment (0) @ 女の性欲
    私は濡れる | 温感人肌温もりローション

    comment

    コメントを送る。

    URL:
    Comment:
    Pass:
    Secret: 管理者にだけ表示を許可する