FC2ブログ

    思うままに

    2007/03/22
    会ってすぐホテルに直行ってものすごく抵抗があります。
    なんだかそのためだけに会うみたいで。
    そんな気持ちをわかってくれていたあの人は短い時間の中で
    食事をしたり、カラオケに行ったり共通の友人と飲みに行ったりしてくれました。
    私のセックスに対する偏見も疑問も少しずつ解きほぐしてくれました。
    イヤだったらイヤといえばいい、我慢する必要はないからと。
    だいたい私の描いていたセックスって男性にリードでされるがまま。
    実際のセックスでもそのとおりで心もカラダもとじたまま。
    必要以上に力が入るから大腿部や乳房には指の形の痣があることも。
    終始、目を閉じている状態で両手の指はしっかりシーツを掴んでいる。
    受身のセックスかな?
    でもだんだん変わってきました。
    “どうしてもらいたいのか言ってごらん”とあの人はいつも聞いてくれるけれど恥ず
    かしくて。
    “好きなことをやりたいことをやってごらん”とも言ってくれたけれど、どうしてい
    いのかわからない。
    “セックスはふたりで楽しむものなんだから”ということばにとても驚きました。
    “もっと、思うままに好きなことをしていいんだよ。”
    私も楽しんでも良いんだ。当たり前のことなのに思いもよらなかったのです。

    あなたのすることにイヤなことはありません。
    何をされても気持ちが良くて、逆に手を止められると私の口からはやるせない溜息が
    漏れます。
    いつの間にかいつもはシーツを掴んでいたはずの私の指はあなたのカラダにしがみつ
    いています。
    あなたのカラダに腕をまきつけ、足もからみつけてあなたから離れないように必死で
    す。
    時折、あなたを押さえつけてあなたのカラダ中にキスの雨を贈ります。

    いつの間にか大胆になり、あなたのペニスを握ったり、口に含んだりします。
    上に跨り、あなたのペニスを自分で迎え入れることもできます。
    そして、そのまま腰を動かたり、さらにきつくペニスを締め付けたりもします。
    私の下で喘ぐあなたを見て“私、この格好が大好き!”なんて呟きます。

    そして、さらに深く腰を落とし、締め付けながら腰を振ります。
    “ああ”っと、私のほうがあまりの気持ちよさに身をくねらせると
    あなたは爆発しそうなペニスを抜き去ります。
    “イヤ~!抜いたらダメ~!”と切ない声を上げあなたにしがみつきペニスを咥えま
    す。
    “出ちゃうよ”とあわてて私を離そうとするあなた。
    私はあなたのペニスを咥えたまま上目遣いにあなたを見つめ首を振ります。
    “いいの?このまま?”と苦しそうに尋ねる、あなた。
    私はうなずきながら、ペニスの下側に舌を這わせます。
    “あああ”さらにあなたの声が聞こえてきます。
    その瞬間、わたしの喉に暖かいものがはじけ飛びます。
    私はあなたを咥えたまま舌を動かし私の口の中に飛び散った暖かいものを
    喉の奥に静かに流し込んでいきます。
    そーーっと。
    ゆっくりと。

    エログ-(エログランキング)
    人気blogランキングへ
    jan

    なんだか、ジャーンって登場したみたい。
    スポンサーサイト
    [PR]

    comment (0) @ 女の性欲
    早く入れて | 火照る体を我慢して

    comment

    コメントを送る。

    URL:
    Comment:
    Pass:
    Secret: 管理者にだけ表示を許可する