FC2ブログ

    わたしだけのもの!

    2008/02/14
    「麻子、これは麻子のだよ。」と、久しぶりに会ったあなたが囁く。
    わたしはじっと見つめる。しばらく見つめる。
    そして頬をつける。
    「わたしのなの?本当に?わたしだけのもの?」頬ずりをしながら、あなたに尋ねる。
    返事を聞く前に舌をだして掬いあげる。
    舌の先に力を入れてアゴを突き出すようにするとあなたの口からうめき声が洩れる。
    あなたの手がわたしの髪を撫でる。何度も、何度も髪を梳くように。

    髪を切りました。だから、いつものようにスーッと撫でることができない。
    まるでシャンプーをするようにクシャッと髪を握る。
    それもまた、気持ちがいい。
    あなたの動きに合わせ舌を這わせる。
    カラダを少し起こして、あなたのおなかに舌を這わせる。
    少し両手をのぼして指先であなたの小さな乳首を掴む。
    少し、力を入れる。また、あなたの口からうめき声が洩れる。
    あなたの手がわたしの背中を撫でる。何度も、何度も指先に力が入る。

    わたしの指先の力もさらに強くなる。コロコロ転がすようにすると。
    あなたはさらに声を上げる。
    そのまま、あなたの中心部に唇を近づける。
    フーっと息をかける。驚くほど熱いわたしの吐息。
    もう一度、吹きかける
    ピクンと一瞬、あなたが跳ねる。あなたの中心が跳ねる。

    舌で咥える。舐める。転がす。
    指で揉む。扱く。撫でる。

    「ずっと、我慢していたから!」あなたの言葉が心に響く。

    ああ、わたしのもの!


    mrt13.jpg

    →FC2 Blog Ranking
    人気ブログランキング
    人気blogランキングへ


    他人の妻をひたすら口説ける 背徳的な極上の時間
    清楚な人妻が不倫願望を刺激され、乱れて喘いで堕ちてゆく・・・その過程を存分にお楽しみ下さい

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    [PR]

    comment (0) @ 女の性欲
    もうひとつの? | もうすぐ・・・

    comment

    コメントを送る。

    URL:
    Comment:
    Pass:
    Secret: 管理者にだけ表示を許可する