FC2ブログ

    3本の指で

    2007/03/30
    あなたが欲しい。
    疲れているのにセックスしたいなんて。
    あなたを思い出してしまったみたい。
    両方の手で乳房を揉んでみる。
    できるだけあなたの感触を思い出して。
    パジャマをめくって、じかに触れてみる。
    少し、力をこめて。
    ピンと尖った乳首を挟んでみる。
    痛いくらい、押しつぶしてみる。
    痛い、でも、気持ちいい!
    揉んで、挟んでを繰り返す。
    今度はアソコが熱くなる。
    エログ-(エログランキング)

    我慢できない。
    パンティの上から、そっと触れてみる。
    もう、恥ずかしいくらい、ぐっしょり。
    中指でグリグリ押してみる。
    人差し指も添えてさらにグリグリと。
    もう片方の手は乳房を揉む。

    あぁ。声が漏れる。
    パンティをくぐり三本の指が
    人差し指と薬指がぐっしょり濡れた花弁を開く。
    中指でかき回す。奥へ奥へ中指を押し付ける。
    どんどん音が大きくなる。
    広げていた、人差し指、薬指を離し、アソコに
    グシュ、グシュといやらしい音をたてながら三本の指を吸い込んでいく。
    壁が押し寄せてくる。腰が自然と動く。
    指の先を動かすと思わず声が。

    ああ、あなたが欲しい。

    ● 40歳以上の男女募集中 e-出会い ● 

    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    comment (0) @ 女の性欲

    早く入れて

    2007/03/23
    あなたはしつこいくらいに私の乳首を指で転がす。
    乳首だけをつままれるとたまらなくなる。
    アソコがジューンと熱くなる。
    あなたの首に両手をかけて胸をさらにあなたに突き出す。
    あなたの口元に乳首を差し出すように突き出す。
    あなたは私の胸に顔を埋める。
    「ああ、んん~。」とあなたの顔に胸をこすりつける。
    あなたは唇で乳房のアチコチを吸い込むかのようにキスをする。
    唇が乳首を捉えると背中が反り返る。快感?
    そう、突き抜けるような快感が全身を走り抜けていく。
    今度は音を立てて吸い込む。恥ずかしい音が響く。
    「気持ちいい、やめないで、続けて、お願い」
    舌先を小刻みに震わせながら片方の乳首を攻めまくる。
    「あ~ぁ、もう片方も。お願い。気持ち良いの。」
    あなたは注文にしっかり応えてくれている。
    「これはどう?気持ちいい?」とさらに激しく舐めたり吸ったりを繰り返す。
    もう、声も出ない。やっと「お願い、入れて」喘ぎながらやっと声をだす。
    「うん、どれ?」とあなたの指が私の熱い花弁をまさぐる。
    「あ~ぁ、イヤ。」「すごい、こんなに濡れているよ」と指を入れ掻き回す。
    クチュ、クチュと音が出る。
    「イヤ、早く、恥ずかしい。」さらに腰を突き上げる。
    「どれ、見せてごらん。」とさらに足を広げる。
    私は足の力を抜いて深呼吸をする。
    あなたに見てもらおうと足の力抜く。
    「すごいよ、指が3本も入る。4本入れてみようか?」
    指を出し入れするとクチュクチュとさらに激しい音。
    「こんなになって。いやらしい音まで出すようになったんだね。」
    いや、そんなことを言ったら、ますます、愛液が溢れてしまう。
    「こうしたら、どう?」とあなたは乳首に吸い付きながらさらに激しく花弁を掻き回
    す。
    「指じゃ、イヤ。あなたのを入れて。どうにかなりそう。お願い。入れて。」
    「そんなに入れて欲しいの?」もう、とろけてしまいそうな私。
    私はあなたの固いものに手を伸ばし「これを早く」と自分のアソコにあてがう。
    いつにもまして太くなった入るみたい。口の中にも入れたいけれど。
    「ほら、入るよ。どう?気持ちよい?」
    いつもはきつくて少し痛みがあるのに、今日は吸い込まれて行く。
    「あぁ、太い、大好き」と片方の手で挿入されている太いペニスの根元をしごく。
    今度はあなたの喘ぎ声が聞こえてくる。「きつい、よく締まるよ。いいよ。気持ち良
    いよ。」
    少しカラダを起こすと力強く、腰を振る。あなたの先が私の何かに当たる。
    ものすごい勢いで腰を突き上げてくる、その動きに合わせて私も腰を突き出す。
    そして、どちらとも無くお互いに唇に吸い付いて舌を入れる。
    さらに片手で乳房を思い切り揉みあげる。そして思い切り乳首を摘む。
    それを何度も繰り返されて、もう、メロメロの私。
    乳首の痛さが逆にものすごく気持ちが良い。
    あなたの腰の動きが止まる。スローモーションを見るかのように抜き取ると
    私のお腹の上に白い液体をとばす。
    ぐったり、腰から下が動かない。太ももに、お尻に蜜が滴り落ちている。
    大好きよ、あなた!


    エログ-(エログランキング)
    人気blogランキングへ
    comment (0) @ 女の性欲

    思うままに

    2007/03/22
    会ってすぐホテルに直行ってものすごく抵抗があります。
    なんだかそのためだけに会うみたいで。
    そんな気持ちをわかってくれていたあの人は短い時間の中で
    食事をしたり、カラオケに行ったり共通の友人と飲みに行ったりしてくれました。
    私のセックスに対する偏見も疑問も少しずつ解きほぐしてくれました。
    イヤだったらイヤといえばいい、我慢する必要はないからと。
    だいたい私の描いていたセックスって男性にリードでされるがまま。
    実際のセックスでもそのとおりで心もカラダもとじたまま。
    必要以上に力が入るから大腿部や乳房には指の形の痣があることも。
    終始、目を閉じている状態で両手の指はしっかりシーツを掴んでいる。
    受身のセックスかな?
    でもだんだん変わってきました。
    “どうしてもらいたいのか言ってごらん”とあの人はいつも聞いてくれるけれど恥ず
    かしくて。
    “好きなことをやりたいことをやってごらん”とも言ってくれたけれど、どうしてい
    いのかわからない。
    “セックスはふたりで楽しむものなんだから”ということばにとても驚きました。
    “もっと、思うままに好きなことをしていいんだよ。”
    私も楽しんでも良いんだ。当たり前のことなのに思いもよらなかったのです。

    あなたのすることにイヤなことはありません。
    何をされても気持ちが良くて、逆に手を止められると私の口からはやるせない溜息が
    漏れます。
    いつの間にかいつもはシーツを掴んでいたはずの私の指はあなたのカラダにしがみつ
    いています。
    あなたのカラダに腕をまきつけ、足もからみつけてあなたから離れないように必死で
    す。
    時折、あなたを押さえつけてあなたのカラダ中にキスの雨を贈ります。

    いつの間にか大胆になり、あなたのペニスを握ったり、口に含んだりします。
    上に跨り、あなたのペニスを自分で迎え入れることもできます。
    そして、そのまま腰を動かたり、さらにきつくペニスを締め付けたりもします。
    私の下で喘ぐあなたを見て“私、この格好が大好き!”なんて呟きます。

    そして、さらに深く腰を落とし、締め付けながら腰を振ります。
    “ああ”っと、私のほうがあまりの気持ちよさに身をくねらせると
    あなたは爆発しそうなペニスを抜き去ります。
    “イヤ~!抜いたらダメ~!”と切ない声を上げあなたにしがみつきペニスを咥えま
    す。
    “出ちゃうよ”とあわてて私を離そうとするあなた。
    私はあなたのペニスを咥えたまま上目遣いにあなたを見つめ首を振ります。
    “いいの?このまま?”と苦しそうに尋ねる、あなた。
    私はうなずきながら、ペニスの下側に舌を這わせます。
    “あああ”さらにあなたの声が聞こえてきます。
    その瞬間、わたしの喉に暖かいものがはじけ飛びます。
    私はあなたを咥えたまま舌を動かし私の口の中に飛び散った暖かいものを
    喉の奥に静かに流し込んでいきます。
    そーーっと。
    ゆっくりと。

    エログ-(エログランキング)
    人気blogランキングへ
    comment (0) @ 女の性欲

    火照る体を我慢して

    2007/03/15
    あの人と過ごしてから、カラダの火照りがおさまらずにいます。
    思い出してブログを書いているので仕方ないですよね。
    書いていると不思議と感触も鮮明に蘇ってきます。
    特に今回は口の中の感覚がものすごく焼きついています。
    舌の先も、唇も、喉の奥も、口の中も・・・
    思い出すと濡れてきます。そして、欲しくてたまらなくなります。
    それを毎晩、我慢しているのですから・・・
    この頃は少しはできるようになったオナニーでごまかすようにしています。
    最近あの人と会った時のあの人のカラダの状態が???
    そんなことはありえないとは思いますが「ずっと我慢してたよ」ということばを信じ
    たくなるような。
    一緒にいる間のやさしさも。
    わたしが変わったせいで、そう、感じるのかも知れませんが?
    だから、わたしも、このカラダの火照りを次に会うときまで我慢しようと思っていま
    す。
    どうしてもの時はオナニーかな?
    我慢していた分だけすばらしいことになるような気がするから!
    できればもう少し頻繁に会うことができればよいのですが・・
    会えないぶんだけ熱くなる?
    となるともっとあの人を攻めちゃうかも?

    人気blogランキングへ
    エログ-(エログランキング)

    comment (0) @ 女の性欲

    私のお願い 「中に出すのはダメ?」

    2007/03/14
    ねぇ、中に出すのはダメ?
    それはマズイでしょう。
    何で?もう、大丈夫じゃない?
    まだ、生理あるでしょう?だからダメ!
    もしも、できちゃったらちゃんと産んで育てるから。お願い!
    バカなことを言わないで、ダメなものはダメ。

    もう、ダメばかりでつまらない。何でもやってもあげるって言っていたのに。
    これだけはダメと拒否する。

    ねぇ、いつまで生理ってあるの?
    個人差があるからね、いつまでって言えないよ。

    そんなことに真面目に答えなくたっていいのに。
    あなたはわたしの背中を赤ちゃんをあやすようにトントンたたく。
    わたしはあなたの胸に顔をつけてあなたの胸の鼓動を聞きながらの会話。

    ねぇ、わたしの中に出したらきっと気持ちいいよ。
    そうだね。でも、ダメ。そのうちにね。

    今度はあなたのおなかの上に移動してあなたのペニスを観察しながらの会話。
    あなたはわたしの髪を撫でている。

    ねぇ、出してみたくないの?本当にいいよ!すごく、気持ちいいよ!
    あなたは何も答えない。そっと髪を撫で続ける。
    あなたのペニスを指ではじく。すごく緩慢な動きをする。
    もう一度指ではじいてみる。
    もう、大きくなっているよと言いながら私のあまり大きくない胸をこすりつける。
    自分でこすりつけてわたしは切ない声を上げる。
    胸を押し付けると跳ね返してくる。熱くて!太くて!あ~、たまらない!
    あなたの上にまたがる。
    熱くて固い、それに太い。足を片方立て少し高い位置に腰を上げる。
    そしてすっと狙いを定めて腰を下ろす。
    あ~、ダメ。入らない。
    今度は指を添え同じことをする。
    グッと、入り口で詰まる。あぁ、っとわたしの声が漏れる。
    きつい、すごくきついとあなたがうわごとのように繰り返す。
    わたしはゆっくり呼吸を整え、吐きながら腰を落としていく。
    すごくいいよ。入っているよ。
    あなたはわたしの腕を掴み腰を振り上げる。
    突き上げられてわたしも腰を振って応える。
    しまるよ。締まっているよ。すごい、ものすごい。
    わたしは肩で息をすることだけで何もできない。
    胸が波打っている。あなたの腕を掴んでわたしの胸にもっていく。
    はじめを大きく乳房を揉みながら腰を突き上げる。

    そのまま、中に出して!お願い!
    気持ちいいの、だから、お願い、中に出して!

    エログ-(エログランキング)
    人気blogランキングへ

    comment (6) @ 女の性欲

    一晩中あなたを

    2007/03/13
    視線を感じる?暖かい光の中で・・・
    薄目を開けて確認する
    わずかな空間を隔てたベッドの上でわたしを眺めているあなたがいる
    どうしたの?ねむれないの?大丈夫?
    声をかける
    この頃、このくらいの時間に起きてしまうんだよとあなた
    そう、夜中にメールが来る
    はじめは時差?それともメールがおかしいのかな?と思っていた
    そうか、ひとつ謎が解けた!

    ねぇ、戻ってきてと甘える
    もう、つかれちゃったの?と悲しそうにする
    何も言わず隣に戻ってきてくれる、うれしい!とっても!
    そして、後ろから抱きしめてくれる
    わたしはそっとあなたのペニスに手をのばす
    遠慮がちにね
    そしてあなたの顔色をうかがう?
    触っていていい?と問いかける
    うん、いいよと答える
    ねぇ、この格好は触りにくいわと訴える
    じゃ、好きなようにとカラダを離す、あなた
    ダメ、離したらと抱きつく
    そうなるとやはり触りにくい
    ひざであなたのペニスをまさぐる
    やさしく、やさしくね!気持ちよさそうなあなた
    ひざに力を入れてみる
    あっと声が漏れる、さらに力を加えるとああっと声が、もっと力を、するとあああっ
    と叫ぶ
    痛かった?ごめんね、だって、私のことずっと放っておくからと訳のわからない言い
    訳をする
    今度はタマを握ってみる
    クニュ、クニュと規則的に繰り返す
    ねぇ、また、大きくなっちゃたよ、どうする?このままでいいの?
    なんか眠くなっちゃった。ぜんぜん、眠くないけれど手を離して後ろを向く
    本当は離れたくないけれど
    呆然としているあなた、
    うそよ、わたしだって眠れない、こんなよとカラダを擦り付ける
    あなたを押さえつけるようにあなたの上にのってカラダをずらしていく
    そしてまた、あなたの大きくなった部分にキスをする
    ビクンっと跳ね上がる、ものすごく元気でうれしい
    あなたはあえぎながら、今度となにか言おうとするけれどさえぎって
    わたしの好きなようにさせてと思い切りあなたを喉の奥まで飲み込む
    そして、喉の奥を波打たせながらあなたを刺激する
    さらに、喉を開け、息を吸い込む
    あなたの切ない吐息が・・・
    もっと、たくさん喜ばせてあげるからね
    だって、あなたのすべてが大好きだから


    エログ-(エログランキング)
    人気blogランキングへ

    comment (1) @ 女の性欲

    あなたの自由に

    2007/03/12
    夢中であなたにしがみついてあなたのペニスを咥えている
    あなたは壁に寄りかかり耐えている
    わたしは舐めたり、吸ったり、歯を立ててみたり
    思い切り喉の奥まで吸い込んでみる
    あなたを飲み込もうとするようにわたしの喉が大きく動く
    とても気持ちがいい
    その瞬間、あなたの両手がわたしの髪を掴む
    そして自由に動かす
    あなたに自由を奪われたわたしは
    さらに興奮したあなたのペニスをわたしの口の中で膨らむ
    呼吸ができない、必死で呼吸をしようともがく
    ペニスを押し出そうともがく
    あなたはわたしの髪を離さず押し付ける
    あなたの自由にされて
    あなたに自由を奪われて
    あなたの一部になったようです
    遠くの方であなたの声が聞こえる
    意識が遠くなる
    さらに髪に力が加わる
    あなたはわたしの口を使って自分のペニスをこする
    また、呼吸が苦しくなる
    苦しさで声が漏れる、涙も
    おかしな気分
    でも最高

    エログ-(エログランキング)
    人気blogランキングへ
    comment (2) @ 女の性欲

    熱い滴り

    2007/03/08
    眠ってしまったの?どのくらい眠ったのかしら?ここは?
    そう、今日は帰らなくて良かったんだ。
    あなたの規則正しい寝息が聞こえる。あなたの腕がしっかり巻きついている。
    何も着けていないのにとても暖かい。
    わたしの耳に寝息がかかる。
    ちゃんとお願いしていた通りにしっかり後ろから抱きしめていてくれた。
    少し迷う。でも、我慢できない。
    あなたの腕の中でくるりと回転する。わたしがあなたに抱きついて唇を重ねる。
    一度、キスをしたら眠ろう、だってあなたはずーーっとお仕事だったから。
    その上、私のお守りではね。明日もお仕事だから、キスを一回だけ。
    わたしはあなたの唇に吸い付く、想いを込めて。
    想いがつうじたのかしら、あなたも吸い返す。んー!だめよと思うものの・・・。
    心とカラダは正反対。もう、止まらない、我慢できない。
    あなたの頭にしがみつくように、唇を、舌を・・・。
    また、止まらなくなってしまって。あなたの唇がうなじを這って乳首で止まる。
    そっと、吸い上げるとわたしの口から声が漏れる。
    舌で転がして、歯を立てる。そして、痛いほど吸い付いてくる。
    とても気持ちがいいの。声が震えてしまう。となりに聞こえないかしら?
    あぁ、もうどうでもいい。だって考えられないんだから。
    両手で乳房を揉まれながら、唇で吸われながら。
    その上、あなたは、足をわたしの足の間に入れて足を閉じさせてくれない。
    足に力が入らない。
    なんだかアソコが熱い。いつもシーツを握り締めている手をはずして自分のアソコ
    に、・・・。
    ぐっしょり、仰向けに寝ているのでお尻のほうまでぬれている。
    わたしのアソコの濡れ方が半端じゃなくて。指にも滴りおちる
    腿を伝うこともほとんど毎日。
    中指を入れると吸い込まれていく。物足りない。動かしても物足りない。
    足を立てて左手で自分のアソコを開き、右手の指を出し入れする。
    ものすごい音が出ている、いやらしくて、恥ずかしい。
    あなたはそんなわたしの変化に気がついてわたしを見ている。
    イヤ、見ないでと言ってはいても止められない。
    はじめは指のほうが動いていたのに、もう、腰が動くようになった。
    恥ずかしいといいながら腰を浮かせあなたの見やすいほうにカラダを差し出す。
    すごいよ、いいからやめないで、気持ちがいいんでしょとあなたが声をかけるけれ
    ど。
    本当はあなたが欲しいんだけれど、これもものすごく気持ちが良い。
    アソコはとろけてしまったかのようになっている。
    オナニーもできるようになったけれどこれは初めて。
    指が入っていくとものすごい勢いで締め付けてくる。
    何重の壁が押し寄せてくる。指の角度を変えてさらに突いて行く。
    カラダに痙攣が。
    でも最後までは。あと少しでというところでカラダが覚める。
    できたらあなたと一緒にいきたいと思っているから。
    やはり、指よりあなたのペニスをアソコに入れたいの。

    エログ-(エログランキング)
    人気blogランキングへ



    comment (8) @ 女の性欲

    射精してるとこが見たいの2

    2007/03/06
    最初はおそるおそるだったの。
    飲み込んだ時になんともなかったからあれって思っていた。
    昔はあの味が苦くてあまり好きじゃなかったけれど
    それで喉に直接流し込むことをおぼえたのよね。
    一度目は口の中にある時間が短かったのでわからなかったのかな?と思った。
    この間は咥えたままで飲み込みにくくて時間がかかったんだけど
    じゃ、空気に触れると変わるのかななんて思ったので試したけれど
    全部舐めてしまいたかったんだけれど・・・
    それも恥ずかしくて。


    エログ-(エログランキング)
    人気blogランキングへ

    comment (3) @ 女の性欲

    あなたの射精してるとこが見たいの

    2007/03/05
    あなたが射精しているところが見たいの。
    こんなのは恥ずかしいでしょう?イヤよね?と意地悪なことを書く。
    今度会ったらやりたいことをすればいいとあなた。
    本当に覚えていてくれてひとつずつ、実行してくれる。
    ほら、見てて、見たかったんでしょ?
    ん~、もったいないなぁ!疲れちゃうでしょ?
    大丈夫だよ、まだまだ。

    でも、あなたに触れていたいから、唇を近づける。
    あなたは自分の指をはずし、私のしたいことをさせてくれる。
    さっきの私の唇の感触を覚えてくれているせいかしら?
    私が咥えると驚くほど元気になるあなたの分身。
    とてもうれしい、とても愛おしい、ものすごく可愛い。
    思わず、お口をはずして、あなたの唇にキッス。
    あなたにまたがる形になって指であなたの乳首を摘みながら。
    あなたの唇に何度も何度も軽くキスを繰り返す。
    私の全身で喜びを伝えたくてあなたのカラダに私のカラダをこすりつけながら。
    何度目のキス?あなたは私の頭を軽く押さえ、私の唇に舌を・・・
    今度は夢中で舌を吸う。あなたの舌に私の舌をからませて吸い上げる。
    私の太ももの辺りにあなたの分身が・・・
    下半身がものすごく熱くなっているのがわかる。
    あなたの分身を摑まえて少しカラダをずらし、腰を浮かせる。
    あなたが欲しくて、私の熱い部分にあてがう。あなたも、熱い。
    いつものように太くて立派なあなたの分身・・・
    私は指を添え私の熱い部分に導く。
    あ~っ!私の口から熱い吐息が漏れる。
    そう、あなたの分身は吸い込まれるように私の熱い部分に。
    残された私の指には熱い液体がからみついていた。

    あなたの上でそっと、でも、深く息を吸う、そして声とともに吸い込んだ息を吐き出
    す。
    あなたを急に締め付けたりしないように、
    あなたを外に押し出したりしないように、
    ゆっくり腰を動かしてみる。はずかしいけれど、とても、気持ちが良い。
    あなたをわたしの中で感じる。目を閉じるとさらにあなたを感じることができる。
    すごいよ、締め付けられてる、気持ち良いよ。もっと動いてごらん。
    あなたの声に励まされ腰をクネクネさせる。
    あなたの指が私の乳首を摘む。これもお願いしたことだった。
    少し強くねって私があなたにお願いしたのよね。
    あなたが乳首を摘んだり、乳房を掴むと、わたしのアソコは正直に反応する。
    するとあなたの分身もわたしの中でますます、元気に暴れる。
    もう、お願いこのまま、このまま、わたしの中に。

    もう、我慢できない、ほら、こっちに来てとあなた。
    いや、はずしたくない。もう、お約束なんかいいのに。
    あなたはわたしを自分のカラダから降ろしてわたしの頭を自分のおなかに乗せる。
    片手でわたしの頭を撫でながら片手で自分自身を愛撫する。
    ほら、もうすぐだからとあなた。わたしは見やすいようにカラダを起こして目を凝ら
    す。
    とても苦しそうなあなた、わたしは、あなたの太ももを撫でながら。
    あ~っとあなたの口から声がもれたと同時にピューっと白い液体が飛び出る。
    気がつくと、あなたのおなかに液体がかかっている。
    わたしはそっと、舌の先をつける。そして、そのまま舐めあげる。
    あなたは仰向けで呼吸を整えるように目をつぶっている。
    触らないでよ、まだ、だめだよ。そっとしておいてとあなた。
    わたしはおなかの液体を人差し指でしばらく、かき回し、口に入れる。
    あなたのものはおいしいなんていいながら。
    ねえ、でも、わたしはまだ、いっていないのよ、忘れないで。
    あなたのおなかをふき取ってから、あなたの腕の中に。
    あなたの熱いカラダに背中から包まれたら、いつの間にか眠りに落ちていた。
    あなたに意地悪しようとしたのに、なんだかわたしが。
    でも、今のわたしは幸せ!


    エログ-(エログランキング)
    人気blogランキングへ
    comment (3) @ 女の性欲